マグマが固まってできる火成岩の種類とそれぞれの違いを知ろう!

岩や石はどのように出来るのだろう?

岩を砕くと砂になります。それ以外でも、水や風によっても岩は崩れます。
しかし、自然界にはいずれ岩がなくなってしまうかというと、そういうわけではないですよね。

では、岩はどのように出来ているのでしょう?

岩のでき方は、大きく分けて2通りあります!
マグマが冷えて固まってできた「火成岩
土や海の底で、大きな圧力がかかって固まってできた「堆積岩があります。

今回は「火成岩」について説明していきます。

火成岩の模様は冷え方によって変わる!

上の写真の6つの岩石をよく見ると、色や模様が違いますね!上のものほど白く、下のものほど黒くなっているのがわかります。もっとよく見ると、右の3つのほうが、白黒の模様がはっきりとしていますよね。

これらの6つともすべてマグマが固まってできた「火成岩」ですが、それぞれ成分や冷え方が違うので、色や模様が異なるんです!

まず、冷え方によって「火成岩」は火山岩と深成岩に分けられます。

火山岩
・・地表付近で、急激に冷やされてできた
深成岩・・地下深くで、ゆっくりと冷やされてできた

という違いがあります。
火山岩は噴火などで、地表に現れたマグマが冷たい空気に触れることで、一気に固まってできるが、深成岩はマグマだまりからもれて、地中でゆっくりと温度を下げながら固まったということです。
火山岩は、流紋岩(りゅうもん)、安山岩(あんざん)、玄武岩(げんぶ)
深成岩は、花崗岩(かこう)、閃緑岩(せんりょく)、斑れい岩(はんれい)です。

色については、マグマのねばりけが関係しています。 

山岩と深岩の2つを合わせて岩と呼びます。
ごちゃごちゃになりやすいですが、上の文字のように1文字ずつもらって完成!みたいな感じで覚えるといいかなと思います。

火山岩と深成岩の模様の違い

実際に岩石を観察してスケッチすると、それぞれこのようになっています。

火山岩のほうは、石基(せっき)という小さな粒がたくさんあり、大きめの斑晶(はんしょう)はあまりありません。このような組織を斑状組織(はんじょうそしき)といいます。
一方、深成岩は、ゆっくりと冷やされるため、大きな斑晶がたくさんでき石基はありません、同じ大きさの粒でできていることから、このような組織を等粒状組織(とうりゅうじょうそしき)といいます。

「斑」と「班」の文字の間違いに気を付けましょう!「斑」は違った色の混じった模様という意味があります。地学用語で出てくるのは、ほぼ斑です。

まとめ

  火山岩 深成岩
組織 斑状組織 等粒状組織
流紋岩 花崗岩
  安山岩 閃緑岩
玄武岩 斑れい岩

火山岩深成岩を合わせて火成岩という

中1地学
スポンサーリンク
プロフィール
ゆうしろ

公立中学校の現役教員です。
専門は生物学で、中学・高校理科の教員免許を持っています。
子供のころ勉強に使っていた学習サイトを自分でも作りたくでトライし始めました!
理科の授業を「何度でもふりかえる」ことが出来るように、知識+思考力がつくサイトにしていきます!

ゆうしろをフォローする
シェアする
理科の授業をふりかえる

コメント